SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

IT用語

デジタルデバイド(Digital Divide)とは

投稿日:

デジタルデバイドとは、パソコンなどのITを使いこなせる者とつかいこなせない者の間で起こる、待遇や貧富の格差の事を指します。デジタルデバイドは英語でdigital divideで、divideには「分ける、分割する、分離する」などの意味があります。

最近ではパソコンは業務に必須となっており、パソコンを使えない高齢者などは若者より業務が効率良くできないなど、パソコンを使える・使えないによって、雇用機会の格差等が生じています。また若い人の間でもITを利用できるかできないかで、仕事の幅が大きく変わり、ITを使えない人たちは遅れをとっています。

ただ、最近ではiphoneやipadに代表するタッチパネルなどで、ユーザとITをつなぐインターフェースが進化して、より簡単な操作で多くの事をできるようになり、デジタルデバイドの問題の解消に貢献しています。

広告

広告

-IT用語


comment

関連記事

no image

Chain of Custodyとは?

Chain of Custodyとは証拠の連続性の事を言います。証拠を保全・収集してから法廷へ提出するまでの移動や取扱いに関する内容や日付、時間、作業者、などの様々な詳細の記録を取り、証拠としての信頼 …

no image

BIG-IPとは

BIG-IPとは、F5(http://www.f5networks.co.jp)という会社のロードバランサー(負荷分散装置)のこと。BIG-IPにはさまざまなシリーズ製品があり、例えば、社内ネットワー …

no image

ドッペルゲンガードメインとは?

ドッペルゲンガードメインとは、実在する企業・団体・個人のホームページのURLとそっくりのドメインをドッペルゲンガードメイン(Doppelganger Domain)といいます。ドッペルゲンガーとは「生 …

広告

転職