サイバーセキュリティ

アドウェア(Adware)とは?

投稿日:

アドウェア(Adware)とは、ブラウザのツールバーに組み込まれたり、OSのスタートアップに登録されたりして勝手に広告のポップアップ画面などを表示するプログラムの事を言います。アドウェアの多くは広告を表示してユーザにクリックしてもらう事で広告料を稼いだり、クリック先のサイトで購入してもらう事が目的ですので、コンピュータに被害を与えませんが、アドウェアの中にはコンピュータのレジストリをいじったり、コンピュータの情報を搾取するいわゆるスパイウェアがありますので、注意が必要です。

アドウェアはどのようにインストールされるのか?

アドウェアはいつの間にかインストールされている場合が多いです。多くのアドウェアは何かしらのフリーウェアをインストールする際に一緒にインストールされます。その時に注意深くインストールの画面を見ておけばアドウェアをインストールする画面が表示されている事がわかります。ユーザは一般的に「次へ」ボタンを連打しますので、アドウェアのインストール画面に気付かない場合があります。また、アドウェアのインストール画面ではチェックを付けたり外したりする事でアドウェアのインストールが選択できますが、デフォルトでチェックはオンの状態がほとんどです。

アドウェアの例

では、実際にアドウェアの例を見てみましょう。SoundEngine Freeは音声録音・音楽編集用のソフトです。SoundEngine Free自体は無害ですので、セキュリティ的に全く問題ありませんが、SoundEngine Freeをインストールする際に以下のような画面が表示されます。

ユーザは何も考えずに「はい」をクリックしてしまうとYahoo!ツールバーやJWordプラグインがインストールされてしまいます。SoundEngine Freeの場合はまだ親切な方で、悪意のあるアドウェアの場合は上記のような選択画面をわかりにくく表示したり、そもそもいつの間にかインストールされていたりします。

アドウェアの削除方法

アドウェアの削除方法は、アドウェアそれぞれで違ってきますが、多くのアドウェアはWindowsの機能である「プログラムの追加と削除」などを利用して削除できますが、悪質なアドウェアは「プログラムの追加と削除」では削除でない場合があります。その場合はウィルス対策ソフトやマルウェア除去ソフトを使ってコンピュータをスキャンすると、アドウェアを検知して削除してくれます。

無料で使えるソフトとしては「Malwarebytes Anti-Malware Free」が有名です。一般的なマルウェアだけではなく、スパイウェアやアドウェアも検知してくれます。

広告

広告

-サイバーセキュリティ

関連記事

ウォードライビングとは

ウォードライビング(Wardriving)とは、自動車や自転車で移動しながら無線LANのアクセスポイント(AP)を探して記録する事を言います。ウォードライビングは許可されていない無線LANにアクセスす …

no image

net commandの使い方メモ

Windowsのnetコマンドは基本中の基本で、例えばnet userなど頻繁に利用されています。このnetコマンドは以外にもCTF (Capture The Flag)やハッキングなどでも利用される …

no image

クラウド、ビックデータ データはどこに?

朝日新聞デジタルに「(盗み見られる個人情報)ネットのデータ、ほとんど米へ」という記事がありました。ほとんどのユーザは物理的なデータの保存場所なんて気にしたことがないかもしれませんね。また気にしたとして …

異常検知 シグネチャ検知とアノマリー検知 図解サイバーセキュリティ用語

マカフィーやシマンテックなどのウィルス対策ソフトやSourceFireなどのIDS/IPS製品では異常検知を行う事によって、不正なトラフィックや悪意のあるコマンドを検知しています。異常検知には主にシグ …

諜報活動はOSINT、SIGINT、HUMINTの3種類が基本

サイバー空間上の諜報活動にはOSINT、SIGINT、HUMINTの3つの種類があります。これらは元々軍事用語として利用されていましたが、現在のサイバー空間上の諜報活動は戦争での諜報活動と同じように行 …

広告

転職