Oracle Master

Windows上にインストールしたOracleの優先資格証明の設定ができない (11g)

投稿日:

Enterprise Managerで優先資格証明を設定しようとしましたが、「ユーザーoracleとしてのServer01への接続に失敗しました。」とエラーメッセージが表示されて、正常に優先資格証明を設定できません。その場合は以下の作業が必要です。

1.ユーザに、環境変数%TEMP%、%TMP% ディレクトリ、つまりC:\WINDOWS\Temp(Windows 2003の場合)の権限を付与。
2.ユーザに、グループポリシーの「バッチジョブとしてログオン」権限を付与。


ただ、1.のユーザに%TEMP%、%TMP%ディレクトリの権限を付与しなくても、優先資格証明の設定ができます。2.の作業は必須のようです。グループポリシーの設定は、コマンドラインなどでgpedit.mscを実行して、グループポリシーオブジェクトエディタを開いて設定します。

広告

広告

-Oracle Master


comment

関連記事

no image

Linux – OSユーザ・グループの作成(インストール事前準備)

Oracleをインストールする前の事前準備の一つとして、Oracle用のOSユーザ・グループを作成する必要がある。 Oracleインベントリグループ(例:oinstall) データベースグループ(例: …

no image

WHERE句では列別名が使用できない

WHERE句では列別名が使用できない。列別名を使用できるのは、ORDER BY句のみです。 例: SELECT emp_id AS ID, emp_name AS NAME FROM emp_tabl …

no image

Oracle Databaseのパッチセット取得方法

SQL Serverやオープンソースのデータベースの修正パッチは無償で入手することができます。SQL Serverの場合はマイクロソフトのホームページからダウンロードすることができます。しかし、Ora …

no image

集合演算子の評価順序

集合演算子には、UNION、UNION ALL、MINUS、INTERSECTがあるが、優先順位はない。基本的には集合演算子は左から右に評価される。ただし、SQL文を見易くし、また将来的なSQLの仕様 …

no image

受験体験記 – Oracle Master Bronze 11g

Oracle Master Bronze 11gの試験に合格しました。 Bronze SQL基礎I 1Z0-017J : 90%で合格 SQL基礎?はSQLの文法を問う問題が多いので、SQLを業務で使 …

広告

転職