Oracle Master

Windows上にインストールしたOracleの優先資格証明の設定ができない (11g)

投稿日:

Enterprise Managerで優先資格証明を設定しようとしましたが、「ユーザーoracleとしてのServer01への接続に失敗しました。」とエラーメッセージが表示されて、正常に優先資格証明を設定できません。その場合は以下の作業が必要です。

1.ユーザに、環境変数%TEMP%、%TMP% ディレクトリ、つまりC:\WINDOWS\Temp(Windows 2003の場合)の権限を付与。
2.ユーザに、グループポリシーの「バッチジョブとしてログオン」権限を付与。


ただ、1.のユーザに%TEMP%、%TMP%ディレクトリの権限を付与しなくても、優先資格証明の設定ができます。2.の作業は必須のようです。グループポリシーの設定は、コマンドラインなどでgpedit.mscを実行して、グループポリシーオブジェクトエディタを開いて設定します。

広告

広告

-Oracle Master


comment

関連記事

no image

索引を作成する条件

表に索引を作成すると、特定の列の検索処理の速度が向上する。しかし、データの挿入(INSERT)、更新(UPDATE)、削除(DELETE)では、索引のメンテナンスがバックグラウンドで発生するため、負荷 …

no image

Linux – OSユーザ・グループの作成(インストール事前準備)

Oracleをインストールする前の事前準備の一つとして、Oracle用のOSユーザ・グループを作成する必要がある。 Oracleインベントリグループ(例:oinstall) データベースグループ(例: …

no image

Linux – Oracle Universal Installerが文字化けする

Linux環境でOracle Universal Installerが文字化けする場合、以下の通りに対応する。 # LANG=C # export LANG このようにすることで、OUIは英語表記にな …

no image

リテラル文字とは?

Oracleでのリテラル文字とは、SELECT句に含まれる、 ・文字 ・数字 ・日付 のことを言う。文字と日付のリテラル文字はシングルクォーテーション(例:’文字’)で囲む必要 …

no image

グループ関数の注意点

MIN関数、MAX関数、AVG関数、SUM関数などのグループ関数では、NULL値は無視されますが、COUNT関数の場合、COUNT(*)と指定すると、NULL値もカウントされる。ただし、COUNT(列 …

広告

転職