SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

Oracle Master

リテラル文字とは?

投稿日:2009年8月8日 更新日:

Oracleでのリテラル文字とは、SELECT句に含まれる、

・文字

・数字

・日付

のことを言う。文字と日付のリテラル文字はシングルクォーテーション(例:’文字’)で囲む必要がある。数字の場合はシングルクォーテーションで囲む必要はない。

ダブルクォーテーションで囲むと、データベース名であるとになされるので、Oracleでは文字列リテラルにはシングルクォーテーションを使用する。

ただし、列別名の大文字小文字を区別する場合は、シングルクォーテーションではなく、ダブルクォーテーションで囲む。

広告

広告

-Oracle Master


comment

関連記事

no image

受験体験記 – Oracle Master Bronze 11g

Oracle Master Bronze 11gの試験に合格しました。 Bronze SQL基礎I 1Z0-017J : 90%で合格 SQL基礎?はSQLの文法を問う問題が多いので、SQLを業務で使 …

no image

SQL*Plusの画面の調整 – 文字が途中で折り返してしまう

SQL*Plusで列の長い表をSELECTしたら、画面の右端で表が折り返してしまいます。SQL*Plus画面の幅を広くしてみましたが、それにも関らず、画面の途中で表が折り返してしまいます。その場合は、 …

no image

Linux – OSユーザ・グループの作成(インストール事前準備)

Oracleをインストールする前の事前準備の一つとして、Oracle用のOSユーザ・グループを作成する必要がある。 Oracleインベントリグループ(例:oinstall) データベースグループ(例: …

no image

算術演算でのNULL値

算術演算では、NULL値を演算するといかなる場合でも結果がNULLとなる。 例: 4 + NULL = NULL 4 * NULL = NULL 1 + 2 – NULL = NULL

no image

Oracle Databaseのパッチセット取得方法

SQL Serverやオープンソースのデータベースの修正パッチは無償で入手することができます。SQL Serverの場合はマイクロソフトのホームページからダウンロードすることができます。しかし、Ora …

広告

転職