Oracle Master

算術演算でのNULL値

投稿日:2009年8月8日 更新日:

算術演算では、NULL値を演算するといかなる場合でも結果がNULLとなる。

例:

4 + NULL = NULL

4 * NULL = NULL

1 + 2 – NULL = NULL

広告

広告

-Oracle Master


comment

関連記事

no image

Windows上にインストールしたOracleの優先資格証明の設定ができない (11g)

Enterprise Managerで優先資格証明を設定しようとしましたが、「ユーザーoracleとしてのServer01への接続に失敗しました。」とエラーメッセージが表示されて、正常に優先資格証明を …

no image

集合演算子の評価順序

集合演算子には、UNION、UNION ALL、MINUS、INTERSECTがあるが、優先順位はない。基本的には集合演算子は左から右に評価される。ただし、SQL文を見易くし、また将来的なSQLの仕様 …

no image

グループ関数の注意点

MIN関数、MAX関数、AVG関数、SUM関数などのグループ関数では、NULL値は無視されますが、COUNT関数の場合、COUNT(*)と指定すると、NULL値もカウントされる。ただし、COUNT(列 …

no image

索引を作成する条件

表に索引を作成すると、特定の列の検索処理の速度が向上する。しかし、データの挿入(INSERT)、更新(UPDATE)、削除(DELETE)では、索引のメンテナンスがバックグラウンドで発生するため、負荷 …

no image

Oracle Databaseのパッチセット取得方法

SQL Serverやオープンソースのデータベースの修正パッチは無償で入手することができます。SQL Serverの場合はマイクロソフトのホームページからダウンロードすることができます。しかし、Ora …

広告

転職