SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

Oracle Master

算術演算でのNULL値

投稿日:2009年8月8日 更新日:

算術演算では、NULL値を演算するといかなる場合でも結果がNULLとなる。

例:

4 + NULL = NULL

4 * NULL = NULL

1 + 2 – NULL = NULL

広告

広告

-Oracle Master


comment

関連記事

no image

SQL*Plusの画面の調整 – 文字が途中で折り返してしまう

SQL*Plusで列の長い表をSELECTしたら、画面の右端で表が折り返してしまいます。SQL*Plus画面の幅を広くしてみましたが、それにも関らず、画面の途中で表が折り返してしまいます。その場合は、 …

no image

【Oracle Master】Oracle 11gのgって何?

Oracleの後に続く10g、11g。特に意識はしていませんでしたが、gって一体何なのでしょう? gはgridの略とされています。gridとは格子とか縦横の線、碁盤という意味があります。gridはグリ …

no image

順序(SEQUENCE)に関する注意点

順序は以下のように作成する。 CREATE SEQUENCE seq_no START WITH 100 MAXVALUE 200 CYCLE; 直近に採番された順序を取得するには、順序名.CURRV …

no image

Linux – Oracle Universal Installerが文字化けする

Linux環境でOracle Universal Installerが文字化けする場合、以下の通りに対応する。 # LANG=C # export LANG このようにすることで、OUIは英語表記にな …

no image

受験体験記 – Oracle Master Bronze 11g

Oracle Master Bronze 11gの試験に合格しました。 Bronze SQL基礎I 1Z0-017J : 90%で合格 SQL基礎?はSQLの文法を問う問題が多いので、SQLを業務で使 …

広告

転職