SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

Oracle Master

順序(SEQUENCE)に関する注意点

投稿日:2009年8月8日 更新日:

順序は以下のように作成する。

CREATE SEQUENCE seq_no START WITH 100 MAXVALUE 200 CYCLE;

直近に採番された順序を取得するには、順序名.CURRVALで取得するが、一度も順序を採番していない場合は、エラーが発生する。

順序の変更はALTER SEQUENCEコマンドを使用しますが、以下の点に注意する必要がある。

  • 初期値(START WITH)は変更できない。
  • 採番済みの順序より小さい最大値(MAXVAUE)に変更できない。
  • 最小値(MINVALUE)はいつでも変更可能。
  • 順序の削除は、所有者もしくはDROP ANY SEQUENCE権限を持つユーザのみである。

 

順序で使用する擬似列NEXTVALとCURRVALには使用できない個所がある。

  • ビューのSELECT句
  • DISTINCTを含むSELECT文
  • GROUP BYを含むSELECT文
  • HAVINGを含むSELECT文
  • ORDER BYを含むSELECT文
  • 副問合せ
  • CREATE TABLEのDEFAULT

必ず試験に出るので、覚えよう。

広告

広告

-Oracle Master


comment

関連記事

no image

受験体験記 – Oracle Master Bronze 11g

Oracle Master Bronze 11gの試験に合格しました。 Bronze SQL基礎I 1Z0-017J : 90%で合格 SQL基礎?はSQLの文法を問う問題が多いので、SQLを業務で使 …

no image

WHERE句では列別名が使用できない

WHERE句では列別名が使用できない。列別名を使用できるのは、ORDER BY句のみです。 例: SELECT emp_id AS ID, emp_name AS NAME FROM emp_tabl …

no image

Windows上にインストールしたOracleの優先資格証明の設定ができない (11g)

Enterprise Managerで優先資格証明を設定しようとしましたが、「ユーザーoracleとしてのServer01への接続に失敗しました。」とエラーメッセージが表示されて、正常に優先資格証明を …

no image

索引を作成する条件

表に索引を作成すると、特定の列の検索処理の速度が向上する。しかし、データの挿入(INSERT)、更新(UPDATE)、削除(DELETE)では、索引のメンテナンスがバックグラウンドで発生するため、負荷 …

no image

算術演算でのNULL値

算術演算では、NULL値を演算するといかなる場合でも結果がNULLとなる。 例: 4 + NULL = NULL 4 * NULL = NULL 1 + 2 – NULL = NULL

広告

転職