Oracle Master

Oracle Databaseのパッチセット取得方法

投稿日:

SQL Serverやオープンソースのデータベースの修正パッチは無償で入手することができます。SQL Serverの場合はマイクロソフトのホームページからダウンロードすることができます。しかし、Oracle Databaseの場合はそうはいきません。Metalinkの資格証明がないといけません。つまり、Oracle社とサポートを契約していてMetalinkのアカウントがないとパッチをダウンロードできないのです。よって、テスト・検証用としてトライアル版のOracle Databaseをインストールしている場合はパッチをインストールすることができません。

よってトライアル版へのパッチ適用は諦めるしかないのですが、トライアル版も時々バージョンアップしていますので、たまにはデータベース自体をアップグレードするのも良いプラックティスになるかもしれません。

広告

広告

-Oracle Master


comment

関連記事

no image

Windows上にインストールしたOracleの優先資格証明の設定ができない (11g)

Enterprise Managerで優先資格証明を設定しようとしましたが、「ユーザーoracleとしてのServer01への接続に失敗しました。」とエラーメッセージが表示されて、正常に優先資格証明を …

no image

SQL*Plusの画面の調整 – 文字が途中で折り返してしまう

SQL*Plusで列の長い表をSELECTしたら、画面の右端で表が折り返してしまいます。SQL*Plus画面の幅を広くしてみましたが、それにも関らず、画面の途中で表が折り返してしまいます。その場合は、 …

no image

Linux – OSユーザ・グループの作成(インストール事前準備)

Oracleをインストールする前の事前準備の一つとして、Oracle用のOSユーザ・グループを作成する必要がある。 Oracleインベントリグループ(例:oinstall) データベースグループ(例: …

no image

算術演算でのNULL値

算術演算では、NULL値を演算するといかなる場合でも結果がNULLとなる。 例: 4 + NULL = NULL 4 * NULL = NULL 1 + 2 – NULL = NULL

no image

リテラル文字とは?

Oracleでのリテラル文字とは、SELECT句に含まれる、 ・文字 ・数字 ・日付 のことを言う。文字と日付のリテラル文字はシングルクォーテーション(例:’文字’)で囲む必要 …

広告

転職