SQL辞典

【SQL文字列変換】UPPER – 大文字に変換(Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年8月30日 更新日:

OracleやSQL Serverで文字列を大文字に変換するには、UPPER関数を使います。使い方は簡単です。

構文:

UPPER(word)

wordを大文字に変換する

使用例:社員名を大文字に変換する

SELECT name, UPPER(name) FROM tbEmpTable;

name     UPPER(name)
———————————————
Tanaka     TANAKA
Yamada    YAMADA
Kuroda Yuichi  KURODA YUICHI

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】ROUND – 四捨五入を行う(まるめる)(Oracle、SQL Server)

ROUND関数は数値を四捨五入する関数ですが、MS SQLとOracleでは若干使い方が違います。OracleではROUND関数の引数に指定した数値を四捨五入しますが、MS SQLの場合は四捨五入する …

no image

【SQL変換関数】TO_NUMBER – 文字列を数値に変換する (Oracle)

OracleではTO_NUMBER関数を使って文字列を数値に変換することができます。 文法: TO_NUMBER(value [, format] ) valueに指定した文字列をformatに従って …

no image

【SQL文字列関数】REPLACE – 文字列の置換(Oracle、SQL Server)

文字列のある文字を、別の文字列に置換するにはREPLACE関数を使用します。 文法: REPLACE(word, x, y) wordからxを検索し、それをyに置換する。 使用例:メールアドレスのドメ …

no image

【SQL変換関数】TO_CHAR – 値を文字列型に変換する(Oracle)

Oracleでは、TO_CHAR関数を使って数値型や日付型の値を文字列型の値に変換する事ができます。 文法: TO_CHAR(value [ , format [ , parameter ] ] ) …

no image

【SQL日付関数】SYSDATE – 現在の日付を取得する(Oracle)

Oracleで、現在の日付を取得するにはSYSDATE関数を使います。Oracleの場合、SYSDATEに括弧は不要ですのでご注意を(例:SYSDATE()はエラーになる)。SQL Serverの場合 …

広告

転職