SQL辞典

【SQL算術関数】CEIL / CEILING – 最も小さい整数を返す(Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年9月10日 更新日:

引数に指定した値に対して、それ以上で最も小さい整数値を求めるにはOracleの場合はCEIL関数、SQL Serverの場合はCEILING関数を使います。CEILINGは天井という意味があります。引数に指定した数字が整数と整数の間に挟まれていて、それの天井(CEILING)の値を求める、つまり引数に指定した数字からみて次の整数を求める、というイメージを思い浮かべればわかりやすいかもしれません。
逆に引数以下で最も大きい整数を求めるには、FLOOR関数を使います。

文法:

CEIL(n)
CEILING(n)

nに指定した値以上で、最も小さな整数値を求める。

使用例:

SELECT number, CEILING(number) FLOOR(number) FROM tbTestTable;

number    CEILING(number)    FLOOR(number)
——————————————————————————-
3.14      4              3
-2.993     -2             -3
10.43     11             10 

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列関数】TRIM – 指定文字の削除(Oracle)

Oracleで文字列から指定した文字を削除するにはTRIM関数を使用します。TRIM関数では、先頭・末尾にある文字しか削除することができません。またSQL Serverでは使用できません。 文法: T …

no image

【SQL文字列関数】LTRIM – 文字列の左(先頭)から空白文字を削除(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで文字列の左(先頭)から空白(スペース)文字を削除するにはLTRIM関数を使用します。 構文: LTRIM(word) wordで指定した文字列の左側から空白文字を削 …

no image

【SQL変換関数】TO_CHAR – 値を文字列型に変換する(Oracle)

Oracleでは、TO_CHAR関数を使って数値型や日付型の値を文字列型の値に変換する事ができます。 文法: TO_CHAR(value [ , format [ , parameter ] ] ) …

no image

【SQL集計関数】AVG関数 ? 平均値を求める (Oracle、SQL Server)

平均値を求めるには、AVG関数を使います。 使用例:全社員の給料の平均値を求める SELECT AVG(salary) FROM tbSalaryTable; AVG(salary) —& …

no image

【SQL算術関数】POWER – べき乗を求める (Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverでnのm乗のようなべき乗を求めるには、POWER関数を使います。 文法: POWER(n, m) nのm乗をした数値を返す。 使用例:xのy乗を求める SELECT …

広告

転職