SQL辞典

【SQL算術関数】CEIL / CEILING – 最も小さい整数を返す(Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年9月10日 更新日:

引数に指定した値に対して、それ以上で最も小さい整数値を求めるにはOracleの場合はCEIL関数、SQL Serverの場合はCEILING関数を使います。CEILINGは天井という意味があります。引数に指定した数字が整数と整数の間に挟まれていて、それの天井(CEILING)の値を求める、つまり引数に指定した数字からみて次の整数を求める、というイメージを思い浮かべればわかりやすいかもしれません。
逆に引数以下で最も大きい整数を求めるには、FLOOR関数を使います。

文法:

CEIL(n)
CEILING(n)

nに指定した値以上で、最も小さな整数値を求める。

使用例:

SELECT number, CEILING(number) FLOOR(number) FROM tbTestTable;

number    CEILING(number)    FLOOR(number)
——————————————————————————-
3.14      4              3
-2.993     -2             -3
10.43     11             10 

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】ROUND – 四捨五入を行う(まるめる)(Oracle、SQL Server)

ROUND関数は数値を四捨五入する関数ですが、MS SQLとOracleでは若干使い方が違います。OracleではROUND関数の引数に指定した数値を四捨五入しますが、MS SQLの場合は四捨五入する …

no image

【SQL算術関数】SIGN – 符号を取得する(Oracle、SQL Server)

SQL ServerやOracleで数値の符号を取得するにはSIGN関数を使います。数値がプラスの時は1、マイナスの場合は-1、ゼロの場合は0を返します。 構文: SIGN(value) valueの …

no image

【SQL文字列関数】SPACE – スペース文字の作成(SQL Server)

SQL ServerではSPACE関数を使ってスペース文字を返す事ができます。 文法: SPACE(n) 長さn個のスペース文字を作成する。 使用例:姓と名の間に3個のスペース文字を作成する SELE …

no image

【SQL算術関数】RAND – 乱数を取得する(SQL Server)

SQL Serverで乱数を取得するにはRAND関数を使います。使用例のようにRAND関数を実行するたびに乱数が発生しますが、乱数の種を指定すると、1つの乱数を返します。 文法: RAND( [see …

no image

【SQL算術関数】EXP – 指数値を求める (Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで指数値を求めるには、EXP関数を使います。 EXP(n) eのn乗を計算する。eとはネイピア数の事を言い、e=2.71828…である。 使用例:x列の指 …

広告

転職