引数に指定した値に対して、それ以上で最も小さい整数値を求めるにはOracleの場合はCEIL関数、SQL Serverの場合はCEILING関数を使います。CEILINGは天井という意味があります。引数に指定した数字が整数と整数の間に挟まれていて、それの天井(CEILING)の値を求める、つまり引数に指定した数字からみて次の整数を求める、というイメージを思い浮かべればわかりやすいかもしれません。
逆に引数以下で最も大きい整数を求めるには、FLOOR関数を使います。

文法:

CEIL(n)
CEILING(n)

nに指定した値以上で、最も小さな整数値を求める。

使用例:

SELECT number, CEILING(number) FLOOR(number) FROM tbTestTable;

number    CEILING(number)    FLOOR(number)
——————————————————————————-
3.14      4              3
-2.993     -2             -3
10.43     11             10 

SQLコマンド辞典に戻る

Popular Posts: