SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

SQL辞典

【SQL文字列関数】TRANSLATE – 文字列を置換する(Oracle)

投稿日:2009年9月3日 更新日:

OracleではTRANSLATE関数を使用して文字列の置換を行う事ができます。

文法:

TRANSLATE(word, A, B)

wordの文字列Aを文字列Bに置換する。例えば、Aに’abc’とあり、Bに’123’と指定した場合、文字列のaを1、bを2に、cを3に置換する。決して’abc’という連続した文字列を対象とするのではない。

使用例:文字列のxyzをそれぞれ123に置換する。

SELECT word, TRANSLATE(word, ‘xyz’, ‘123’) FROM tbTestTable;

word      TRANSLATE(word, ‘xyz’, ‘123’)
——————————————————————-
mixi      mi1i
zexy      3e12
apple     apple

使用例:数字を全て$に置換する。

SELECT card, TRANSLATE(card, ‘0123456789’, ‘$$$$$$$$$$’) FROM tbEmpTable;

card                TRANSLATE(salary, ‘0123456789’, ‘$$$$$$$$$$’)
———————————————————————————————
0023-4444-1123-123      $$$$-$$$$-$$$$-$$$
02203-112-22-22-254      $$$$$-$$$-$$-$$-$$$
01230-445-6664-333      $$$$$-$$$-$$$$-$$$

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL日付関数】CURRENT_TIMESTAMP – 現在の日時を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverでは、CURRENT_TIMESTAMP関数を使って現在の日時を求める事ができます。 使用例:現在の日時を取得する。 SELECT CURRENT_TIMESTAMP …

no image

【SQL文字列関数】SPACE – スペース文字の作成(SQL Server)

SQL ServerではSPACE関数を使ってスペース文字を返す事ができます。 文法: SPACE(n) 長さn個のスペース文字を作成する。 使用例:姓と名の間に3個のスペース文字を作成する SELE …

no image

【SQL変換関数】TO_NUMBER – 文字列を数値に変換する (Oracle)

OracleではTO_NUMBER関数を使って文字列を数値に変換することができます。 文法: TO_NUMBER(value [, format] ) valueに指定した文字列をformatに従って …

no image

【SQL算術関数】ROUND – 四捨五入を行う(まるめる)(Oracle、SQL Server)

ROUND関数は数値を四捨五入する関数ですが、MS SQLとOracleでは若干使い方が違います。OracleではROUND関数の引数に指定した数値を四捨五入しますが、MS SQLの場合は四捨五入する …

no image

【SQL日付関数】DAY – 日付値から日の値のみ取得する(SQL Server)

SQL ServerではDAY関数を使用して、日付値から日のみ取得する事ができます。 文法: DAY(d) dに指定した日付値から日の値のみ取得する。 使用例:birthday列の日付から日の値のみ取 …

広告

転職