SQL辞典

【SQL日付関数】EXTRAC – 日付から任意の日付要素を取得する (Oracle)

投稿日:2009年9月16日 更新日:

Oracleで、日付値から任意の日付要素(年、月、日など)を取得するにはEXTRACT関数を使います。例えば、EXTRACT関数を使えば、2008-09-22という日付値から、月を取得すると09という値を取得することができます。

文法:

EXTRACT(element FROM date)

dateからelementで指定した日付要素を取得する。

使用例:現在の日付から月を取得する。

SELECT SYSDATE, EXTRACT(month FROM SYSDATE) FROM DUAL;

SYSDATE    EXTRACT(month FROM SYSDATE)
———————————————————————————
09-09-16     09

使用例:現在の日付から日を取得する。

SELECT SYSDATE, EXTRACT(day FROM SYSDATE) FROM DUAL;

SYSDATE    EXTRACT(day FROM SYSDATE)
—————————————————————————–
09-09-16     16

時、分、秒などの日付要素を取得したい場合は、TIMESTAMP型の値の指定が必要です。

使用例:現在の日付から分を取得する。

SELECT CURRENT_TIMESTAMP, EXTRACT(minute FROM CURRENT_TIMESTAMP) FROM DUAL;

CURRENT_TIMESTAMP            EXRTRACT(minute F………)
———————————————————————————————————
09-09-16 02:15:04.192000000 GMT     15

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL日付関数】SYSDATE – 現在の日付を取得する(Oracle)

Oracleで、現在の日付を取得するにはSYSDATE関数を使います。Oracleの場合、SYSDATEに括弧は不要ですのでご注意を(例:SYSDATE()はエラーになる)。SQL Serverの場合 …

no image

【SQL変換関数】CAST – 型変換を行う(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで値の型の変換を行うには、CAST関数を使います。 文法: CAST( value AS type) valueをtypeで指定した型に変換する。 使用例:数値を文字 …

no image

【SQL文字列関数】REPLICATE – 指定した文字列を繰り返す(SQL Server)

SQL Serverでは、REPLICATE関数を使って文字列を指定回数繰り返す事ができます。 文法: REPLICATE(s, n) sに指定した文字列をn回繰り返す。 使用例:社員名列をN列の回数 …

no image

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。 文法: DECODE( x, target, new_va …

no image

【SQL文字列関数】LTRIM – 文字列の左(先頭)から空白文字を削除(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで文字列の左(先頭)から空白(スペース)文字を削除するにはLTRIM関数を使用します。 構文: LTRIM(word) wordで指定した文字列の左側から空白文字を削 …

広告

転職