Oracleで文字列を指定した長さになるまで、ある特定の文字で充填するにはLPAD関数もしくはRPAD関数を使用します。LPAD関数は文字の先頭(左側)から文字を充填していきます。

文法:

LPAD(word, n, x)

wordで指定した文字の長さがnになるように先頭からxの文字を充填する

使用例:文字が8ケタとなるように先頭に*を充填して調整する

SELECT word, LPAD(word, 8, ‘ * ‘) FROM tbTestTable;

word      LPAD(word, 8, ‘ * ‘)
————————————————————
0123      ****0123
Jenny      ***Jenny
Windows    *Windows

SQLコマンド辞典に戻る

Popular Posts: