SQL辞典

【SQL文字列関数】TRIM – 指定文字の削除(Oracle)

投稿日:2009年8月31日 更新日:

Oracleで文字列から指定した文字を削除するにはTRIM関数を使用します。TRIM関数では、先頭・末尾にある文字しか削除することができません。またSQL Serverでは使用できません。

文法:

TRIM( [LEADING | TRAILING | BOTH ] [ a FROM ] word )

LEADINGを指定すると、先頭から削除します。TRAILINGを指定すると末尾から削除します。BOTHを指定すると、先頭と末尾の両方から指定文字を削除します。LEADING、TRAILING、BOTHのいずれも指定しない場合は、BOTHとみなされます。
削除する文字を指定する場合は[ a FROM ]のaに指定文字を記述します。[a FROM]を省略した場合は空白を削除します。

使用例:メールアドレスから@以降のドメインを削除する

SELECT email, TRIM(TRAILING ‘@sql-master.net’ FROM email)

email              TRIM(TRAILING ‘@sql-master.net’ FROM email)
————————————————————————————————–
yamada@sql-master.net      yamada
okada@sql.jpn.org         okada@sql.jpn.org

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】TRUNC – 数値を切り捨てる(Oracle)

Oracleで数値を切り捨てるにはTRUNC関数を使います。SQL ServerはROUND関数を使って四捨五入と切り捨ての両方の処理を行う事ができます。 文法: TRUNC(value [ , d …

no image

【SQL文字列関数】LEN / LENGTH – 文字列の長さを取得する(SQL Server、Oracle)

文字列の長さを取得するには、SQL Serverの場合はLEN関数、Oracleの場合はLENGTH関数を使用する。 文法: LEN(word) LENGTH(word) wordに指定した文字列の長 …

no image

【SQL変換関数】COALESCE – NULL値でない最初の引数を返す(Oracle、SQL Server)

COALESCE関数は複数の引数を持ち、その引数を最初から評価して最初にNULL値でない引数を返します。難しそうですが、例を見ると使い方が簡単な関数だという事がわかります。COALESCE関数はOra …

no image

【SQL文字列関数】RPAD – 右側から指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字の末尾(右側)から指定した文字を充填するにはRPAD関数を使用します。 文法: RPAD(word, n, x) wordで指定した文字の長さがnになるように末尾からxの文字を充填す …

no image

【SQL文字列関数】STUFF – 部分的な文字の置換(SQL Server)

SQL Serverで文字列の部分的な置換を行う場合はSTUFF関数を使用します。 文法: STUFF(a, b, c, d) aで指定した文字列のb番目からc文字分の文字をdと入れ替える。 使用例: …

広告

転職