SQL辞典

【SQL日付関数】DATEDIFF – 日付と日付の差を取得する(SQL Server)

投稿日:2009年9月9日 更新日:

SQL ServerではDATEDIFF関数を使って、日付と日付の差を取得することができます。

文法:

DATEDIFF(element, d1, d2)

d1とd2の日付の差をelementで指定した日付要素に従って求める。

使用例:2つの日付の差を求める。

SELECT date1, date2, DATEDIFF(day, date1, date2) FROM tbTestTable;

date1             date2             DATEDIFF(day, date1, date2)
———————————————————————————————————————
1970-07-22 00:00:00   1999-12-12 00:00:00    10735
1970-07-22 00:00:00   1967-03-02 00:00:00    -1238

使用例:今日の日付と誕生日との日数の差を求める。

SELECT birthday, GETDATE(), DATEDIFF(day, birthday, GETDATE()) FROM tbEmpTable;

birthday           GETDATE()            DATEDIFF(day, birthday, GETDATE())
————————————————————————————————————————————-
1970-07-22 00:00:00   2009-09-09 22:31:36.090    14294
1984-12-24 00:00:00   2009-09-09 22:31:36.090    9025

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】SQRT – 平方根(ルート)を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで数値の平方根を求めるには、SQRT関数を使います。SQRTはSqare Rootの略です。 文法: SQRT(value) valueの平方根を求める。 使用例:数 …

no image

【SQL変換関数】COALESCE – NULL値でない最初の引数を返す(Oracle、SQL Server)

COALESCE関数は複数の引数を持ち、その引数を最初から評価して最初にNULL値でない引数を返します。難しそうですが、例を見ると使い方が簡単な関数だという事がわかります。COALESCE関数はOra …

no image

【SQL文字列関数】REPLACE – 文字列の置換(Oracle、SQL Server)

文字列のある文字を、別の文字列に置換するにはREPLACE関数を使用します。 文法: REPLACE(word, x, y) wordからxを検索し、それをyに置換する。 使用例:メールアドレスのドメ …

no image

【SQL変換関数】TO_NUMBER – 文字列を数値に変換する (Oracle)

OracleではTO_NUMBER関数を使って文字列を数値に変換することができます。 文法: TO_NUMBER(value [, format] ) valueに指定した文字列をformatに従って …

no image

【SQL日付関数】LAST_DAY – 月の最終日付を取得する (Oracle)

Oracleでは、LAST_DAY関数を利用して月の最終日を取得する事ができます。閏年にも対応していますね。 使用例:月の最終日付を取得する。 SELECT date, LAST_DAY(date) …

広告

転職