SQL辞典

【SQL集計関数】COUNT関数 ? 行数をカウントする (Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年8月29日 更新日:

行数をカウントするにはCOUNT関数を使います。COUNT関数はDISTINCTで修飾すると、重複を取り除いた合計を抽出できます。

使用例:社員数をカウントする

SELECT COUNT(*) FROM tbEmpTable;

COUNT(*)
—————————-
24

使用例:部署ごとの社員数をカウントする

SELECT deptCD, COUNT(*) FROM tbEmpTable
GROUP BY deptCD;

deptCD,    COUNT(*)
———————————————
100     3
200     10
300     7
400     4

使用例:部署の数をカウントする(DISTINCTを使用して重複した部署を除いてカウントする)

SELECT COUNT(DISTINCT deptCD) FROM tbEmpTable

COUNT(DISTINCT deptCD)
—————————————–
4

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列関数】CHARINDEX – 文字列の位置を求める(SQL Server)

SQL ServerのCHARINDEX関数は文字列の位置を返します。例えば、「Windows」という文字列からdの位置を求めると4となります。sの位置は7となります。大文字小文字の区別はありません。 …

no image

【SQL日付関数】CURRENT_DATE – 現在の日付を取得する(Oracle)

OracleではCURRENT_DATE関数を使って現在の日付を取得する事ができます。OracleにはSYSDATE関数でも現在の日付を取得する事ができます。CURRENT_DATE関数には括弧は不要 …

no image

【SQL文字列関数】LOWER – 文字を小文字に変換(Oracle、SQL Server)

SQL ServerやOracleで文字列を小文字に変換するにはLOWER関数を使います。 構文: LOWER(word) wordを小文字に変換する。 使用例:メールアドレスを小文字に変換する SE …

no image

【SQL文字列関数】LPAD – 文字列を指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字列を指定した長さになるまで、ある特定の文字で充填するにはLPAD関数もしくはRPAD関数を使用します。LPAD関数は文字の先頭(左側)から文字を充填していきます。 文法: LPAD( …

no image

【SQL日付関数】DATENAME – 日付要素を文字として取得する(SQL Server)

SQL Serverでは日付値から日付要素を文字列をして取得する為にDATENAME関数を使う事ができます。 文法: DATENAME(element, value) valueに指定した日付値の日付 …

広告

転職