SQL辞典

【SQL集計関数】COUNT関数 ? 行数をカウントする (Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年8月29日 更新日:

行数をカウントするにはCOUNT関数を使います。COUNT関数はDISTINCTで修飾すると、重複を取り除いた合計を抽出できます。

使用例:社員数をカウントする

SELECT COUNT(*) FROM tbEmpTable;

COUNT(*)
—————————-
24

使用例:部署ごとの社員数をカウントする

SELECT deptCD, COUNT(*) FROM tbEmpTable
GROUP BY deptCD;

deptCD,    COUNT(*)
———————————————
100     3
200     10
300     7
400     4

使用例:部署の数をカウントする(DISTINCTを使用して重複した部署を除いてカウントする)

SELECT COUNT(DISTINCT deptCD) FROM tbEmpTable

COUNT(DISTINCT deptCD)
—————————————–
4

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列変換】UPPER – 大文字に変換(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで文字列を大文字に変換するには、UPPER関数を使います。使い方は簡単です。 構文: UPPER(word) wordを大文字に変換する 使用例:社員名を大文字に変換 …

no image

【SQL文字列関数】LPAD – 文字列を指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字列を指定した長さになるまで、ある特定の文字で充填するにはLPAD関数もしくはRPAD関数を使用します。LPAD関数は文字の先頭(左側)から文字を充填していきます。 文法: LPAD( …

no image

【SQL変換関数】NULLIF – 等しい場合にNULLを返す(Oracle、SQL Server)

NULLIF関数は2つの引数を比較して、2つの引数が等しい場合はNULLを返します。等しくない場合は、1つ目の引数を返します。Oracle、SQL Serverなどで利用できます。 構文: NULLI …

no image

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。 文法: DECODE( x, target, new_va …

no image

【SQL文字列関数】INSTR – 文字列を検索して文字列の位置を返す(Oracle)

Oracleでは、INSTR関数を使用して文字列の位置を求める事ができます。 文法: INSTR(word, target [, N [, M] ] ) wordで指定した文字列からtargetを検索 …

広告

転職