SQL辞典

【SQL集計関数】COUNT関数 ? 行数をカウントする (Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年8月29日 更新日:

行数をカウントするにはCOUNT関数を使います。COUNT関数はDISTINCTで修飾すると、重複を取り除いた合計を抽出できます。

使用例:社員数をカウントする

SELECT COUNT(*) FROM tbEmpTable;

COUNT(*)
—————————-
24

使用例:部署ごとの社員数をカウントする

SELECT deptCD, COUNT(*) FROM tbEmpTable
GROUP BY deptCD;

deptCD,    COUNT(*)
———————————————
100     3
200     10
300     7
400     4

使用例:部署の数をカウントする(DISTINCTを使用して重複した部署を除いてカウントする)

SELECT COUNT(DISTINCT deptCD) FROM tbEmpTable

COUNT(DISTINCT deptCD)
—————————————–
4

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列関数】TRIM – 指定文字の削除(Oracle)

Oracleで文字列から指定した文字を削除するにはTRIM関数を使用します。TRIM関数では、先頭・末尾にある文字しか削除することができません。またSQL Serverでは使用できません。 文法: T …

no image

【SQL文字列関数】RTRIM – 文字列の右(末尾)から空白文字を削除する(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで、文字列の右(末尾)から空白文字(スペース文字)を削除するにはRTRIM関数を使用します。 構文: RTRIM(word) wordに指定した文字列の右から空白文字 …

no image

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。 文法: DECODE( x, target, new_va …

no image

【SQL算術関数】GREATEST – 引数の中から最大値を返す (Oracle)

Oracleでは、2つ以上の引数の中から最大値を返すGREATEST関数があります。逆に引数の中から最小値を返すにはLEAST関数を使います。 文法: GREATEST(a, b [, c, &#82 …

no image

【SQL日付関数】CURRENT_TIMESTAMP – 現在の日時を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverでは、CURRENT_TIMESTAMP関数を使って現在の日時を求める事ができます。 使用例:現在の日時を取得する。 SELECT CURRENT_TIMESTAMP …

広告

転職