SQL辞典

【SQL集計関数】AVG関数 ? 平均値を求める (Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年8月29日 更新日:

平均値を求めるには、AVG関数を使います。

使用例:全社員の給料の平均値を求める

SELECT AVG(salary) FROM tbSalaryTable;

AVG(salary)
————————
254000

使用例:部署ごとに給料の平均値を求める

SELECT deptCD, AVG(salary) FROM tbSalaryTable
GROUP BY deptCD;
deptCD ? ? ?AVG(salary)
—————————————-
100 ? ? ? ? ? 150000
200 ? ? ? ? ? 203090
300 ? ? ? ? ? 403200
400 ? ? ? ? ? 305420

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列関数】LTRIM – 文字列の左(先頭)から空白文字を削除(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで文字列の左(先頭)から空白(スペース)文字を削除するにはLTRIM関数を使用します。 構文: LTRIM(word) wordで指定した文字列の左側から空白文字を削 …

no image

【SQL文字列関数】RPAD – 右側から指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字の末尾(右側)から指定した文字を充填するにはRPAD関数を使用します。 文法: RPAD(word, n, x) wordで指定した文字の長さがnになるように末尾からxの文字を充填す …

no image

【SQL文字列関数】CHAR、CHR – ASCIIコードを文字に変換する(SQL Server、Oracle)

ASCIIコードを文字に変換するにはCHAR(SQL Serverの場合)もしくはCHR(Oracleの場合)を使用します。 使用例:ASCIIコードを文字に変換する SELECT ascii_cod …

no image

【SQL文字列関数】CHARINDEX – 文字列の位置を求める(SQL Server)

SQL ServerのCHARINDEX関数は文字列の位置を返します。例えば、「Windows」という文字列からdの位置を求めると4となります。sの位置は7となります。大文字小文字の区別はありません。 …

no image

【SQL算術関数】MOD – 余剰(余り)を計算する (Oracle)

Oracleでは、MOD関数を使って割り算の余剰を計算することができます。 文法: MOD(n, m) nをmで割った時の余りを求める。 使用例:x/yの余りを求める SELECT x, y, MOD …

広告

転職