SQL辞典

【SQL集計関数】AVG関数 ? 平均値を求める (Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年8月29日 更新日:

平均値を求めるには、AVG関数を使います。

使用例:全社員の給料の平均値を求める

SELECT AVG(salary) FROM tbSalaryTable;

AVG(salary)
————————
254000

使用例:部署ごとに給料の平均値を求める

SELECT deptCD, AVG(salary) FROM tbSalaryTable
GROUP BY deptCD;
deptCD ? ? ?AVG(salary)
—————————————-
100 ? ? ? ? ? 150000
200 ? ? ? ? ? 203090
300 ? ? ? ? ? 403200
400 ? ? ? ? ? 305420

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】ROUND – 四捨五入を行う(まるめる)(Oracle、SQL Server)

ROUND関数は数値を四捨五入する関数ですが、MS SQLとOracleでは若干使い方が違います。OracleではROUND関数の引数に指定した数値を四捨五入しますが、MS SQLの場合は四捨五入する …

no image

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。 文法: DECODE( x, target, new_va …

no image

【SQL文字列関数】REVERSE – 文字列を反転させる(SQL Server)

SQL ServerやMySQLではREVERSE関数を使って文字列を反転させる事ができます。 文法: REVERSE(word) wordに指定した文字列を反転させる。 使用例:文字列を反転させる …

no image

【SQL算術関数】LEAST – 引数の中から最小値を返す (Oracle)

Oracleでは、複数の引数の中から最小値を返すにはLEAST関数を使います。逆に複数の引数の中から最大値を返すにはGREATEST関数を使います。 文法: LEAST(a, b [, c, &#82 …

no image

【SQL文字列関数】RPAD – 右側から指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字の末尾(右側)から指定した文字を充填するにはRPAD関数を使用します。 文法: RPAD(word, n, x) wordで指定した文字の長さがnになるように末尾からxの文字を充填す …

広告

転職