SQL辞典

【SQL日付関数】ADD_MONTHS – 日付に月を加算する (Oracle)

投稿日:2009年9月24日 更新日:

Oracleでは、ADD_MONTHSを使って日付に月を加算する事ができます。注意点として、2009/09/30のように月末の日付に月を加算すると、その月の月末を計算します。例えば、2009/09/30に1月加算すると、2009/10/31となります。また、2010/01/31に1月加算すると、2010/02/28となります。

文法:

ADD_MONTHS(date, n)

dateに指定した日付にnヶ月を加算する。

使用例:今日の日付の3ヶ月後の日付を取得する。

SELECT sysdate, ADD_MONTHS(sysdate, 3) FROM DUAL;

sysdate     ADD_MONTHS(sysdate, 3)
—————————————————————————
09-09-24     09-10-24

使用例:今日の日付の3カ月前の日付を取得する。

SELECT sysdate, ADD_MONTHS(sysdate, -3) FROM DUAL;

sysdate     ADD_MONTHS(sysdate, -3)
—————————————————————————
09-09-24     09-06-24

使用例:2009/09/30に1月加算する。

SELECT ADD_MONTHS(‘2009/09/30’, 1) FROM DUAL;

ADD_MONTHS(‘2009/09/30’, 1)
———————————————-
2009/10/31

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL変換関数】NVL2 – NULL値を変換する(Oracle)

NVL関数がバージョンアップ?したNVL2関数があります。NVL2はOracleのコマンドで、以下の通りにNULL値を別の値に変換することができます。 構文: NVL2(式, 値1, 値2) 式の値が …

no image

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。 文法: DECODE( x, target, new_va …

no image

【SQL変換関数】TO_NUMBER – 文字列を数値に変換する (Oracle)

OracleではTO_NUMBER関数を使って文字列を数値に変換することができます。 文法: TO_NUMBER(value [, format] ) valueに指定した文字列をformatに従って …

no image

【SQL文字列関数】LPAD – 文字列を指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字列を指定した長さになるまで、ある特定の文字で充填するにはLPAD関数もしくはRPAD関数を使用します。LPAD関数は文字の先頭(左側)から文字を充填していきます。 文法: LPAD( …

no image

【SQL文字列関数】TRANSLATE – 文字列を置換する(Oracle)

OracleではTRANSLATE関数を使用して文字列の置換を行う事ができます。 文法: TRANSLATE(word, A, B) wordの文字列Aを文字列Bに置換する。例えば、Aに’ …

広告

転職