SQL辞典

【SQL文字列関数】REPLACE – 文字列の置換(Oracle、SQL Server)

投稿日:2009年9月1日 更新日:

文字列のある文字を、別の文字列に置換するにはREPLACE関数を使用します。

文法:

REPLACE(word, x, y)

wordからxを検索し、それをyに置換する。

使用例:メールアドレスのドメインを置換する

SELECT email, REPLACE(email, ‘abc.jj’, ‘sql.jpn.org’);

email           REPLACE(email, ‘sql.jpn.org’, ‘sql-master.net’)
——————————————————————————————————–
yamada@sql.jpn.org   yamada@sql-master.net
tanaka@sql.jpn.org    tanaka@sql-master.net

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL変換関数】TO_CHAR – 値を文字列型に変換する(Oracle)

Oracleでは、TO_CHAR関数を使って数値型や日付型の値を文字列型の値に変換する事ができます。 文法: TO_CHAR(value [ , format [ , parameter ] ] ) …

no image

【SQL文字列関数】CHARINDEX – 文字列の位置を求める(SQL Server)

SQL ServerのCHARINDEX関数は文字列の位置を返します。例えば、「Windows」という文字列からdの位置を求めると4となります。sの位置は7となります。大文字小文字の区別はありません。 …

no image

【SQL日付関数】DATEADD – 日付(日時)を加算する(SQL Server)

SQL ServerではDATEADD関数を使って、日付型の値に日時を加算する事ができます。 構文: DATEADD(element, value, target) targetにvalueで指定した …

no image

【SQL集計関数】STDDEV、STDEV – 標準偏差を求める(SQL Server、Oracle)

SQL ServerやOracleで標準偏差(Standard Deviation)を求めるにはSTDDEVもしくはSTDEVを使います。標準偏差とは、データの散らばりの度合いを表し、標準偏差の値が小 …

no image

【SQL変換関数】NVL2 – NULL値を変換する(Oracle)

NVL関数がバージョンアップ?したNVL2関数があります。NVL2はOracleのコマンドで、以下の通りにNULL値を別の値に変換することができます。 構文: NVL2(式, 値1, 値2) 式の値が …

広告

転職