SQL辞典

【SQL変換関数】TO_NUMBER – 文字列を数値に変換する (Oracle)

投稿日:2009年9月28日 更新日:

OracleではTO_NUMBER関数を使って文字列を数値に変換することができます。

文法:

TO_NUMBER(value [, format] )

valueに指定した文字列をformatに従って変換する

使用例:文字列を数値に変換する。

SELECT value, TO_NUBER(value, ‘999,999’) FROM tbTestTable;

value        TO_NUMBER(value, ‘999,999.999’)
—————————————————————————–
333         333
21,000       21000
3,311.301     3311.301

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典

関連記事

no image

【SQL日付関数】GETDATE – 現在の日付・時刻を取得する(SQL Server)

SQL Serverでは、GETDATE関数を使って現在の日付・時刻を取得する事ができます。 使用例:現在の日時を取得します。 SELECT GETDATE(); GETDATE() —& …

no image

【SQL文字列関数】NCHAR / NCHR – Unicodeを文字に変換する(Oracle、SQL Server)

Unicodeを文字列に変換するには、OracleではNCHR関数、SQL ServerではNCHAR関数を使います。 構文: NCHAR(n) NCHR(n) nに指定したUnicodeを文字に変換 …

no image

【SQL文字列関数】INSTR – 文字列を検索して文字列の位置を返す(Oracle)

Oracleでは、INSTR関数を使用して文字列の位置を求める事ができます。 文法: INSTR(word, target [, N [, M] ] ) wordで指定した文字列からtargetを検索 …

no image

【SQL集計関数】MAX関数 ? 最大値を返す (SQL Server、Oracle)

指定した列の最大値を返すには、MAX関数を使います。数値、文字列、日付の最大値を求める事が可能です。 使用例:社員の一番高い給料を返す SELECT MAX(salary) FROM tbEmpTab …

no image

【SQL文字列関数】RPAD – 右側から指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字の末尾(右側)から指定した文字を充填するにはRPAD関数を使用します。 文法: RPAD(word, n, x) wordで指定した文字の長さがnになるように末尾からxの文字を充填す …

広告

転職