SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

SQL辞典

【SQL文字列関数】INSTR – 文字列を検索して文字列の位置を返す(Oracle)

投稿日:2009年9月3日 更新日:

Oracleでは、INSTR関数を使用して文字列の位置を求める事ができます。

文法:

INSTR(word, target [, N [, M] ] )

wordで指定した文字列からtargetを検索して、位置を求めます。Nを指定している場合はN番目の文字から検索を開始します。Mを指定している場合はM番目に検索されるtargetの位置を返します。N、Mを省略すると、共に1として扱われます。
targetを最後(末尾)から検索するにはNに負の数を指定します。

使用例:メールアドレスの@の位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       8
tani@sql-master.net        5
infomation@sql-master.net    11

使用例:電話番号から?(ハイフン)が2番目に見つかった位置を求める。

SELECT tel, INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2) FROM tbEmpTable;

tel          INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2)
—————————————————————–
04-111b-234#    8
032-22-bb398    7
003405#1222    0

使用例:メールアドレスの@を最後(末尾)から検索して位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’, -1) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       12
tani@sql-master.net        15
infomation@sql-master.net    15

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL変換関数】NULLIF – 等しい場合にNULLを返す(Oracle、SQL Server)

NULLIF関数は2つの引数を比較して、2つの引数が等しい場合はNULLを返します。等しくない場合は、1つ目の引数を返します。Oracle、SQL Serverなどで利用できます。 構文: NULLI …

no image

【SQL変換関数】CAST – 型変換を行う(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで値の型の変換を行うには、CAST関数を使います。 文法: CAST( value AS type) valueをtypeで指定した型に変換する。 使用例:数値を文字 …

no image

【SQL文字列関数】RPAD – 右側から指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字の末尾(右側)から指定した文字を充填するにはRPAD関数を使用します。 文法: RPAD(word, n, x) wordで指定した文字の長さがnになるように末尾からxの文字を充填す …

no image

【SQL算術関数】POWER – べき乗を求める (Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverでnのm乗のようなべき乗を求めるには、POWER関数を使います。 文法: POWER(n, m) nのm乗をした数値を返す。 使用例:xのy乗を求める SELECT …

no image

【SQL日付関数】EXTRAC – 日付から任意の日付要素を取得する (Oracle)

Oracleで、日付値から任意の日付要素(年、月、日など)を取得するにはEXTRACT関数を使います。例えば、EXTRACT関数を使えば、2008-09-22という日付値から、月を取得すると09という …

広告

転職