SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

SQL辞典

【SQL文字列関数】INSTR – 文字列を検索して文字列の位置を返す(Oracle)

投稿日:2009年9月3日 更新日:

Oracleでは、INSTR関数を使用して文字列の位置を求める事ができます。

文法:

INSTR(word, target [, N [, M] ] )

wordで指定した文字列からtargetを検索して、位置を求めます。Nを指定している場合はN番目の文字から検索を開始します。Mを指定している場合はM番目に検索されるtargetの位置を返します。N、Mを省略すると、共に1として扱われます。
targetを最後(末尾)から検索するにはNに負の数を指定します。

使用例:メールアドレスの@の位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       8
tani@sql-master.net        5
infomation@sql-master.net    11

使用例:電話番号から?(ハイフン)が2番目に見つかった位置を求める。

SELECT tel, INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2) FROM tbEmpTable;

tel          INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2)
—————————————————————–
04-111b-234#    8
032-22-bb398    7
003405#1222    0

使用例:メールアドレスの@を最後(末尾)から検索して位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’, -1) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       12
tani@sql-master.net        15
infomation@sql-master.net    15

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL集計関数】SUM関数 – 合計値を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverなどで列の合計値を求めるにはSUM関数を使います。集計関数の中でSUM関数が一番良く使われる関数です。引数にDISTINCTを修飾すると重複を除いた合計を求める事がで …

no image

【SQL算術関数】MOD – 余剰(余り)を計算する (Oracle)

Oracleでは、MOD関数を使って割り算の余剰を計算することができます。 文法: MOD(n, m) nをmで割った時の余りを求める。 使用例:x/yの余りを求める SELECT x, y, MOD …

no image

【SQL算術関数】CEIL / CEILING – 最も小さい整数を返す(Oracle、SQL Server)

引数に指定した値に対して、それ以上で最も小さい整数値を求めるにはOracleの場合はCEIL関数、SQL Serverの場合はCEILING関数を使います。CEILINGは天井という意味があります。引 …

no image

【SQL算術関数】TRUNC – 数値を切り捨てる(Oracle)

Oracleで数値を切り捨てるにはTRUNC関数を使います。SQL ServerはROUND関数を使って四捨五入と切り捨ての両方の処理を行う事ができます。 文法: TRUNC(value [ , d …

no image

【SQL日付関数】EXTRAC – 日付から任意の日付要素を取得する (Oracle)

Oracleで、日付値から任意の日付要素(年、月、日など)を取得するにはEXTRACT関数を使います。例えば、EXTRACT関数を使えば、2008-09-22という日付値から、月を取得すると09という …

広告

転職