SQL辞典

【SQL文字列関数】INSTR – 文字列を検索して文字列の位置を返す(Oracle)

投稿日:2009年9月3日 更新日:

Oracleでは、INSTR関数を使用して文字列の位置を求める事ができます。

文法:

INSTR(word, target [, N [, M] ] )

wordで指定した文字列からtargetを検索して、位置を求めます。Nを指定している場合はN番目の文字から検索を開始します。Mを指定している場合はM番目に検索されるtargetの位置を返します。N、Mを省略すると、共に1として扱われます。
targetを最後(末尾)から検索するにはNに負の数を指定します。

使用例:メールアドレスの@の位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       8
tani@sql-master.net        5
infomation@sql-master.net    11

使用例:電話番号から?(ハイフン)が2番目に見つかった位置を求める。

SELECT tel, INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2) FROM tbEmpTable;

tel          INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2)
—————————————————————–
04-111b-234#    8
032-22-bb398    7
003405#1222    0

使用例:メールアドレスの@を最後(末尾)から検索して位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’, -1) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       12
tani@sql-master.net        15
infomation@sql-master.net    15

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】TRUNC – 数値を切り捨てる(Oracle)

Oracleで数値を切り捨てるにはTRUNC関数を使います。SQL ServerはROUND関数を使って四捨五入と切り捨ての両方の処理を行う事ができます。 文法: TRUNC(value [ , d …

no image

【SQL集計関数】MIN ? 最小値を返す (Oracle、SQL Server)

指定した列の最小値を求めるにはMIN関数を使用します。使い方はMAX関数と同じで数値型、日付型、文字列の最小値を求める事ができます。 使用例:社員の一番低い給料を返す SELECT MIN(salar …

no image

【SQL日付関数】CURRENT_TIMESTAMP – 現在の日時を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverでは、CURRENT_TIMESTAMP関数を使って現在の日時を求める事ができます。 使用例:現在の日時を取得する。 SELECT CURRENT_TIMESTAMP …

no image

【SQL文字列変換】UPPER – 大文字に変換(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで文字列を大文字に変換するには、UPPER関数を使います。使い方は簡単です。 構文: UPPER(word) wordを大文字に変換する 使用例:社員名を大文字に変換 …

no image

【SQL変換関数】NVL – NULL値の変換(Oracle)

OracleではNULL値を別の値に変換するには、NVL関数を使用します。SQL Serverの場合はISNULL関数を使用します。使い方はNVLとISNULLは同じです。 構文: NVL(a, b) …

広告

転職