SQL辞典

【SQL文字列関数】INSTR – 文字列を検索して文字列の位置を返す(Oracle)

投稿日:2009年9月3日 更新日:

Oracleでは、INSTR関数を使用して文字列の位置を求める事ができます。

文法:

INSTR(word, target [, N [, M] ] )

wordで指定した文字列からtargetを検索して、位置を求めます。Nを指定している場合はN番目の文字から検索を開始します。Mを指定している場合はM番目に検索されるtargetの位置を返します。N、Mを省略すると、共に1として扱われます。
targetを最後(末尾)から検索するにはNに負の数を指定します。

使用例:メールアドレスの@の位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       8
tani@sql-master.net        5
infomation@sql-master.net    11

使用例:電話番号から?(ハイフン)が2番目に見つかった位置を求める。

SELECT tel, INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2) FROM tbEmpTable;

tel          INSTR(tel, ‘ – ‘, 1, 2)
—————————————————————–
04-111b-234#    8
032-22-bb398    7
003405#1222    0

使用例:メールアドレスの@を最後(末尾)から検索して位置を求める。

SELECT email, INSTR(email, ‘@’, -1) FROM tbEmpTable;

email                 INSTR(email, ‘@’)
————————————————————
Oyamada@sql.jpn.org       12
tani@sql-master.net        15
infomation@sql-master.net    15

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL集計関数】COUNT関数 ? 行数をカウントする (Oracle、SQL Server)

行数をカウントするにはCOUNT関数を使います。COUNT関数はDISTINCTで修飾すると、重複を取り除いた合計を抽出できます。 使用例:社員数をカウントする SELECT COUNT(*) FRO …

no image

【SQL文字列関数】UNICODE – 文字をユニコードに変換する(SQL Server)

SQL ServerではUNICODE関数を使って、文字をユニコードに変換できます。 文法: UNICODE(word) wordに指定した文字のユニコードを返す。wordに2文字以上の文字列を指定し …

no image

【SQL変換関数】NVL – NULL値の変換(Oracle)

OracleではNULL値を別の値に変換するには、NVL関数を使用します。SQL Serverの場合はISNULL関数を使用します。使い方はNVLとISNULLは同じです。 構文: NVL(a, b) …

no image

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。 文法: DECODE( x, target, new_va …

no image

【SQL文字列関数】LTRIM – 文字列の左(先頭)から空白文字を削除(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで文字列の左(先頭)から空白(スペース)文字を削除するにはLTRIM関数を使用します。 構文: LTRIM(word) wordで指定した文字列の左側から空白文字を削 …

広告

転職