SQL辞典

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

投稿日:2009年9月5日 更新日:

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。

文法:

DECODE( x, target, new_value [ , target2, new_value2…..] [ , default] )

xで指定した値を評価し、それがtargetと等しい場合はnew_valueを返す。target2に等しい場合はnew_value2を返す。xの値がどの値とも一致しない場合はdefaultを返す。

使用例:result列が2の場合は’不合格’、1の場合は’合格’を返す。それ以外の場合は’集計中’を返す。

SELECT user, result, DECODE(result, 2, ‘不合格’, 1, ‘合格’, ‘集計中’) FROM tbExamTable;

user   result  DECODE(result, 2, ‘不合格’, 1, ‘合格’, ‘集計中’)
————————————————————————————-
Tom    1    合格
Jenny    0    集計中
Chris    2    不合格
Andrew   1    合格

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL日付関数】LAST_DAY – 月の最終日付を取得する (Oracle)

Oracleでは、LAST_DAY関数を利用して月の最終日を取得する事ができます。閏年にも対応していますね。 使用例:月の最終日付を取得する。 SELECT date, LAST_DAY(date) …

no image

【SQL日付関数】DATEPART – 日付要素を数値で取得する(SQL Server)

SQL Serverでは、DATEPART関数を使って日付値から指定した日付要素を数値で取得する事ができます。 文法: DATEPART(element, value) valueで指定した日付値から …

no image

【SQL日付関数】DATEDIFF – 日付と日付の差を取得する(SQL Server)

SQL ServerではDATEDIFF関数を使って、日付と日付の差を取得することができます。 文法: DATEDIFF(element, d1, d2) d1とd2の日付の差をelementで指定し …

no image

【SQL日付関数】MONTHS_BETWEEN – 日付の差を月単位で取得する (Oracle)

Oracleで2つの日付の差を月単位で取得するには、MONTHS_BETWEEN関数を取得する。注意点はMONTH_BETWEENではなく、MONTHS_BETWEENというようにMONTHが複数形で …

no image

【SQL算術関数】SQRT – 平方根(ルート)を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで数値の平方根を求めるには、SQRT関数を使います。SQRTはSqare Rootの略です。 文法: SQRT(value) valueの平方根を求める。 使用例:数 …

広告

転職