SQL辞典

【SQL変換関数】DECODE – 値を変換する(Oracle)

投稿日:2009年9月5日 更新日:

OracleではDECODE関数を使って、値を変換する事ができます。使い方はCASE命令と似ています。CASE命令で書き換える事も可能です。

文法:

DECODE( x, target, new_value [ , target2, new_value2…..] [ , default] )

xで指定した値を評価し、それがtargetと等しい場合はnew_valueを返す。target2に等しい場合はnew_value2を返す。xの値がどの値とも一致しない場合はdefaultを返す。

使用例:result列が2の場合は’不合格’、1の場合は’合格’を返す。それ以外の場合は’集計中’を返す。

SELECT user, result, DECODE(result, 2, ‘不合格’, 1, ‘合格’, ‘集計中’) FROM tbExamTable;

user   result  DECODE(result, 2, ‘不合格’, 1, ‘合格’, ‘集計中’)
————————————————————————————-
Tom    1    合格
Jenny    0    集計中
Chris    2    不合格
Andrew   1    合格

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】SQUARE – 値を2乗する(SQL Server)

SQL Serverで、値を2乗するにはSQUARE関数を使います。 文法: SQUARE(value) valueの値を2乗する。 使用例:ポイントを2乗する。 SELECT point, SQUA …

no image

【SQL文字列関数】CONCAT関数 – 文字列を結合する(Oracle)

OracleではCONCAT関数を使用して文字列を結合することができます。 文法: CONCAT( a, b) 文字列aと文字列bを結合する 使用例:姓列と名列を結合する SELECT surname …

no image

【SQL算術関数】ROUND – 四捨五入を行う(まるめる)(Oracle、SQL Server)

ROUND関数は数値を四捨五入する関数ですが、MS SQLとOracleでは若干使い方が違います。OracleではROUND関数の引数に指定した数値を四捨五入しますが、MS SQLの場合は四捨五入する …

no image

【SQL文字列関数】LEFT – 文字列の左(先頭)から指定した文字分だけ抽出(SQL Server)

SQL Serverで、文字列の左(先頭)から指定した文字分だけ抽出するにはLEFT関数を使います。 文法: LEFT(word, n) wordに指定した文字列の左からn文字分を抽出する。SQL S …

no image

【SQL文字列関数】NCHAR / NCHR – Unicodeを文字に変換する(Oracle、SQL Server)

Unicodeを文字列に変換するには、OracleではNCHR関数、SQL ServerではNCHAR関数を使います。 構文: NCHAR(n) NCHR(n) nに指定したUnicodeを文字に変換 …

広告

転職