SQL辞典

【SQL日付関数】DATEADD – 日付(日時)を加算する(SQL Server)

投稿日:2009年9月7日 更新日:

SQL ServerではDATEADD関数を使って、日付型の値に日時を加算する事ができます。

構文:

DATEADD(element, value, target)

targetにvalueで指定した値を加算する。elementにvalueの日付要素を記述する。日付要素は以下のようなものがある。
year(yy or yyyy) : 年
quarter(qq or q) : 四半期
month(mm or m) : 月
dayofyear(dy or y) : 年始からの日数
day(dd, d) : 日
week(wk, w) : 週
weekday(dw) : 曜日
hour(hh) : 時
minute(mi or n) : 分
second(ss) : 秒
millisecond(ms, s) : ミリ秒

使用例:birthday列の値の20日後の日付を求める。

SELECT birthday, DATEADD(day, 20, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday               DATEADD(day, 20, birthday)
————————————————————
1970-08-01 00:00:00.000    1970-08-21 00:00:00.000

使用例:birthday列の値に14時間を加算する。

SELECT birthday, DATEADD(hour, 14, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday               DATEADD(hour, 14, birthday)
———————————————————–
1970-08-01 00:00:00.000    1970-08-01 14:00:00.000

使用例:birthday列の値に2週間分の日付を加算する。

SELECT birthday, DATEADD(week, 2, birthday) FROM tbTestTable;

birthday              DATEADD(week, 2, birthday)
———————————————————-
1970-08-01 14:00:00.000    1970-08-15 14:00:00.000

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL集計関数】SUM関数 – 合計値を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverなどで列の合計値を求めるにはSUM関数を使います。集計関数の中でSUM関数が一番良く使われる関数です。引数にDISTINCTを修飾すると重複を除いた合計を求める事がで …

no image

【SQL日付関数】DATEPART – 日付要素を数値で取得する(SQL Server)

SQL Serverでは、DATEPART関数を使って日付値から指定した日付要素を数値で取得する事ができます。 文法: DATEPART(element, value) valueで指定した日付値から …

no image

【SQL日付関数】CURRENT_DATE – 現在の日付を取得する(Oracle)

OracleではCURRENT_DATE関数を使って現在の日付を取得する事ができます。OracleにはSYSDATE関数でも現在の日付を取得する事ができます。CURRENT_DATE関数には括弧は不要 …

no image

【SQL集計関数】STDDEV、STDEV – 標準偏差を求める(SQL Server、Oracle)

SQL ServerやOracleで標準偏差(Standard Deviation)を求めるにはSTDDEVもしくはSTDEVを使います。標準偏差とは、データの散らばりの度合いを表し、標準偏差の値が小 …

no image

【SQL文字列関数】TRANSLATE – 文字列を置換する(Oracle)

OracleではTRANSLATE関数を使用して文字列の置換を行う事ができます。 文法: TRANSLATE(word, A, B) wordの文字列Aを文字列Bに置換する。例えば、Aに’ …

広告

転職