SQL辞典

【SQL日付関数】DATEADD – 日付(日時)を加算する(SQL Server)

投稿日:2009年9月7日 更新日:

SQL ServerではDATEADD関数を使って、日付型の値に日時を加算する事ができます。

構文:

DATEADD(element, value, target)

targetにvalueで指定した値を加算する。elementにvalueの日付要素を記述する。日付要素は以下のようなものがある。
year(yy or yyyy) : 年
quarter(qq or q) : 四半期
month(mm or m) : 月
dayofyear(dy or y) : 年始からの日数
day(dd, d) : 日
week(wk, w) : 週
weekday(dw) : 曜日
hour(hh) : 時
minute(mi or n) : 分
second(ss) : 秒
millisecond(ms, s) : ミリ秒

使用例:birthday列の値の20日後の日付を求める。

SELECT birthday, DATEADD(day, 20, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday               DATEADD(day, 20, birthday)
————————————————————
1970-08-01 00:00:00.000    1970-08-21 00:00:00.000

使用例:birthday列の値に14時間を加算する。

SELECT birthday, DATEADD(hour, 14, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday               DATEADD(hour, 14, birthday)
———————————————————–
1970-08-01 00:00:00.000    1970-08-01 14:00:00.000

使用例:birthday列の値に2週間分の日付を加算する。

SELECT birthday, DATEADD(week, 2, birthday) FROM tbTestTable;

birthday              DATEADD(week, 2, birthday)
———————————————————-
1970-08-01 14:00:00.000    1970-08-15 14:00:00.000

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL変換関数】TO_CHAR – 値を文字列型に変換する(Oracle)

Oracleでは、TO_CHAR関数を使って数値型や日付型の値を文字列型の値に変換する事ができます。 文法: TO_CHAR(value [ , format [ , parameter ] ] ) …

no image

【SQL集計関数】AVG関数 ? 平均値を求める (Oracle、SQL Server)

平均値を求めるには、AVG関数を使います。 使用例:全社員の給料の平均値を求める SELECT AVG(salary) FROM tbSalaryTable; AVG(salary) —& …

no image

【SQL算術関数】FLOOR – 引数以下で最も大きい整数値を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで引数以下で最も大きい整数値を求めるには、FLOOR関数を使います。例えば、3.14以下で最も大きい整数値は3です。逆に引数以上で最も小さい整数値を求めるにはCEIL …

no image

【SQL日付関数】SYSDATE – 現在の日付を取得する(Oracle)

Oracleで、現在の日付を取得するにはSYSDATE関数を使います。Oracleの場合、SYSDATEに括弧は不要ですのでご注意を(例:SYSDATE()はエラーになる)。SQL Serverの場合 …

no image

【SQL文字列関数】RPAD – 右側から指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字の末尾(右側)から指定した文字を充填するにはRPAD関数を使用します。 文法: RPAD(word, n, x) wordで指定した文字の長さがnになるように末尾からxの文字を充填す …

広告

転職