SQL辞典

【SQL日付関数】DATENAME – 日付要素を文字として取得する(SQL Server)

投稿日:2009年9月8日 更新日:

SQL Serverでは日付値から日付要素を文字列をして取得する為にDATENAME関数を使う事ができます。

文法:

DATENAME(element, value)

valueに指定した日付値の日付要素をelementの要素に従って取得する。

使用例:誕生日から曜日を取得する。

SELECT birthday, DATENAME(weekday, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday             DATENAME(weekday, birthday)
———————————————————————————-
1970-09-08 00:00:00     火曜日

使用例:誕生日から日付のみを取得する。

SELECT birthday, DATENAME(day, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday            DATENAME(day, birthday)
———————————————————————————-
1970-09-08 00:00:00    8

使用例:誕生日から年のみを取得する。

SELECT birthday, DATENAME(year, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday             DATENAME(year, birthday)
———————————————————————————
1970-09-08 00:00:00     1970

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列関数】STUFF – 部分的な文字の置換(SQL Server)

SQL Serverで文字列の部分的な置換を行う場合はSTUFF関数を使用します。 文法: STUFF(a, b, c, d) aで指定した文字列のb番目からc文字分の文字をdと入れ替える。 使用例: …

no image

【SQL文字列関数】TRIM – 指定文字の削除(Oracle)

Oracleで文字列から指定した文字を削除するにはTRIM関数を使用します。TRIM関数では、先頭・末尾にある文字しか削除することができません。またSQL Serverでは使用できません。 文法: T …

no image

【SQL算術関数】FLOOR – 引数以下で最も大きい整数値を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで引数以下で最も大きい整数値を求めるには、FLOOR関数を使います。例えば、3.14以下で最も大きい整数値は3です。逆に引数以上で最も小さい整数値を求めるにはCEIL …

no image

【SQL文字列関数】CHARINDEX – 文字列の位置を求める(SQL Server)

SQL ServerのCHARINDEX関数は文字列の位置を返します。例えば、「Windows」という文字列からdの位置を求めると4となります。sの位置は7となります。大文字小文字の区別はありません。 …

no image

【SQL日付関数】CURRENT_TIMESTAMP – 現在の日時を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverでは、CURRENT_TIMESTAMP関数を使って現在の日時を求める事ができます。 使用例:現在の日時を取得する。 SELECT CURRENT_TIMESTAMP …

広告

転職