SQL辞典

【SQL日付関数】DATEPART – 日付要素を数値で取得する(SQL Server)

投稿日:2009年9月8日 更新日:

SQL Serverでは、DATEPART関数を使って日付値から指定した日付要素を数値で取得する事ができます。

文法:

DATEPART(element, value)

valueで指定した日付値から、elementで指定した日付要素を数値で取得する。

使用例:誕生日から曜日を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(weekday, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday             DATEPART(weekday, birthday)
————————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00     7
1978-12-26 00:00:00     3

曜日を数値化すると以下の通りとなります。
日曜日 = 1     木曜日 = 5
月曜日 = 2     金曜日 = 6
火曜日 = 3     土曜日 = 7
水曜日 = 4

使用例:誕生日から日を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(day, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday              DATEPART(day, birthday)
———————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00       6
1978-12-26 00:00:00      26

使用例:誕生日から月を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(month, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday              DATEPART(month, birthday)
———————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00       9
1978-12-26 00:00:00      12

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL変換関数】NULLIF – 等しい場合にNULLを返す(Oracle、SQL Server)

NULLIF関数は2つの引数を比較して、2つの引数が等しい場合はNULLを返します。等しくない場合は、1つ目の引数を返します。Oracle、SQL Serverなどで利用できます。 構文: NULLI …

no image

【SQL変換関数】NVL – NULL値の変換(Oracle)

OracleではNULL値を別の値に変換するには、NVL関数を使用します。SQL Serverの場合はISNULL関数を使用します。使い方はNVLとISNULLは同じです。 構文: NVL(a, b) …

no image

【SQL変換関数】TO_CHAR – 値を文字列型に変換する(Oracle)

Oracleでは、TO_CHAR関数を使って数値型や日付型の値を文字列型の値に変換する事ができます。 文法: TO_CHAR(value [ , format [ , parameter ] ] ) …

no image

【SQL集計関数】COUNT関数 ? 行数をカウントする (Oracle、SQL Server)

行数をカウントするにはCOUNT関数を使います。COUNT関数はDISTINCTで修飾すると、重複を取り除いた合計を抽出できます。 使用例:社員数をカウントする SELECT COUNT(*) FRO …

no image

【SQL算術関数】GREATEST – 引数の中から最大値を返す (Oracle)

Oracleでは、2つ以上の引数の中から最大値を返すGREATEST関数があります。逆に引数の中から最小値を返すにはLEAST関数を使います。 文法: GREATEST(a, b [, c, &#82 …

広告

転職