SQL辞典

【SQL日付関数】DATEPART – 日付要素を数値で取得する(SQL Server)

投稿日:2009年9月8日 更新日:

SQL Serverでは、DATEPART関数を使って日付値から指定した日付要素を数値で取得する事ができます。

文法:

DATEPART(element, value)

valueで指定した日付値から、elementで指定した日付要素を数値で取得する。

使用例:誕生日から曜日を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(weekday, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday             DATEPART(weekday, birthday)
————————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00     7
1978-12-26 00:00:00     3

曜日を数値化すると以下の通りとなります。
日曜日 = 1     木曜日 = 5
月曜日 = 2     金曜日 = 6
火曜日 = 3     土曜日 = 7
水曜日 = 4

使用例:誕生日から日を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(day, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday              DATEPART(day, birthday)
———————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00       6
1978-12-26 00:00:00      26

使用例:誕生日から月を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(month, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday              DATEPART(month, birthday)
———————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00       9
1978-12-26 00:00:00      12

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL日付関数】DATENAME – 日付要素を文字として取得する(SQL Server)

SQL Serverでは日付値から日付要素を文字列をして取得する為にDATENAME関数を使う事ができます。 文法: DATENAME(element, value) valueに指定した日付値の日付 …

no image

【SQL算術関数】SQRT – 平方根(ルート)を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで数値の平方根を求めるには、SQRT関数を使います。SQRTはSqare Rootの略です。 文法: SQRT(value) valueの平方根を求める。 使用例:数 …

no image

【SQL集計関数】STDDEV、STDEV – 標準偏差を求める(SQL Server、Oracle)

SQL ServerやOracleで標準偏差(Standard Deviation)を求めるにはSTDDEVもしくはSTDEVを使います。標準偏差とは、データの散らばりの度合いを表し、標準偏差の値が小 …

no image

【SQL算術関数】CEIL / CEILING – 最も小さい整数を返す(Oracle、SQL Server)

引数に指定した値に対して、それ以上で最も小さい整数値を求めるにはOracleの場合はCEIL関数、SQL Serverの場合はCEILING関数を使います。CEILINGは天井という意味があります。引 …

no image

【SQL算術関数】RAND – 乱数を取得する(SQL Server)

SQL Serverで乱数を取得するにはRAND関数を使います。使用例のようにRAND関数を実行するたびに乱数が発生しますが、乱数の種を指定すると、1つの乱数を返します。 文法: RAND( [see …

広告

転職