SQL辞典

【SQL日付関数】DATEPART – 日付要素を数値で取得する(SQL Server)

投稿日:2009年9月8日 更新日:

SQL Serverでは、DATEPART関数を使って日付値から指定した日付要素を数値で取得する事ができます。

文法:

DATEPART(element, value)

valueで指定した日付値から、elementで指定した日付要素を数値で取得する。

使用例:誕生日から曜日を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(weekday, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday             DATEPART(weekday, birthday)
————————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00     7
1978-12-26 00:00:00     3

曜日を数値化すると以下の通りとなります。
日曜日 = 1     木曜日 = 5
月曜日 = 2     金曜日 = 6
火曜日 = 3     土曜日 = 7
水曜日 = 4

使用例:誕生日から日を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(day, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday              DATEPART(day, birthday)
———————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00       6
1978-12-26 00:00:00      26

使用例:誕生日から月を数値として取得する。

SELECT birthday, DATEPART(month, birthday) FROM tbEmpTable;

birthday              DATEPART(month, birthday)
———————————————————————————————
1980-09-06 00:00:00       9
1978-12-26 00:00:00      12

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列関数】LTRIM – 文字列の左(先頭)から空白文字を削除(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで文字列の左(先頭)から空白(スペース)文字を削除するにはLTRIM関数を使用します。 構文: LTRIM(word) wordで指定した文字列の左側から空白文字を削 …

no image

【SQL文字列関数】LEFT – 文字列の左(先頭)から指定した文字分だけ抽出(SQL Server)

SQL Serverで、文字列の左(先頭)から指定した文字分だけ抽出するにはLEFT関数を使います。 文法: LEFT(word, n) wordに指定した文字列の左からn文字分を抽出する。SQL S …

no image

【SQL算術関数】RAND – 乱数を取得する(SQL Server)

SQL Serverで乱数を取得するにはRAND関数を使います。使用例のようにRAND関数を実行するたびに乱数が発生しますが、乱数の種を指定すると、1つの乱数を返します。 文法: RAND( [see …

no image

【SQL文字列関数】LPAD – 文字列を指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字列を指定した長さになるまで、ある特定の文字で充填するにはLPAD関数もしくはRPAD関数を使用します。LPAD関数は文字の先頭(左側)から文字を充填していきます。 文法: LPAD( …

no image

【SQL文字列関数】CONCAT関数 – 文字列を結合する(Oracle)

OracleではCONCAT関数を使用して文字列を結合することができます。 文法: CONCAT( a, b) 文字列aと文字列bを結合する 使用例:姓列と名列を結合する SELECT surname …

広告

転職