SQL辞典

【SQL日付関数】MONTHS_BETWEEN – 日付の差を月単位で取得する (Oracle)

投稿日:2009年9月15日 更新日:

Oracleで2つの日付の差を月単位で取得するには、MONTHS_BETWEEN関数を取得する。注意点はMONTH_BETWEENではなく、MONTHS_BETWEENというようにMONTHが複数形であること。また、使用例の3列目の例のように月だけをみると2か月の差ですが、日付をみると、25‐5で20日間、つまり、20÷31=0.64516129月分の差がありますので、09-05-25と09-03-05の月の差は2.64516129ヶ月分の差がある事になります。

文法:

MONTHS_BETWEEN(date1, date2)

date1からdate2を引く形で月の差を求める。

使用例:日付の差を月単位で求める。

SELECT date1, date2, MONTHS_BETWEEN(date1, date2) FROM tbTestTable;

date1     date2      MONTHS_BETWEEN(date1, date2)
———————————————————————————-
09-09-03   09-04-03     5
09-05-25   09-07-25     -2
09-05-25   09-03-05     2.64516129

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL文字列関数】RPAD – 右側から指定した文字で充填する(Oracle)

Oracleで文字の末尾(右側)から指定した文字を充填するにはRPAD関数を使用します。 文法: RPAD(word, n, x) wordで指定した文字の長さがnになるように末尾からxの文字を充填す …

no image

【SQL日付関数】CURRENT_DATE – 現在の日付を取得する(Oracle)

OracleではCURRENT_DATE関数を使って現在の日付を取得する事ができます。OracleにはSYSDATE関数でも現在の日付を取得する事ができます。CURRENT_DATE関数には括弧は不要 …

no image

【SQL集計関数】STDDEV、STDEV – 標準偏差を求める(SQL Server、Oracle)

SQL ServerやOracleで標準偏差(Standard Deviation)を求めるにはSTDDEVもしくはSTDEVを使います。標準偏差とは、データの散らばりの度合いを表し、標準偏差の値が小 …

no image

【SQL変換関数】NULLIF – 等しい場合にNULLを返す(Oracle、SQL Server)

NULLIF関数は2つの引数を比較して、2つの引数が等しい場合はNULLを返します。等しくない場合は、1つ目の引数を返します。Oracle、SQL Serverなどで利用できます。 構文: NULLI …

no image

【SQL文字列関数】STR – 数値を文字列に変換(SQL Server)

SQL Serverで数値を文字列に変換するにはSTR関数を使います。 文法: STR(n [ , length [ , decimal] ] ) nで与えられた数値を文字列に変換する。lengthで …

広告

転職