SQL辞典

【SQL日付関数】MONTHS_BETWEEN – 日付の差を月単位で取得する (Oracle)

投稿日:2009年9月15日 更新日:

Oracleで2つの日付の差を月単位で取得するには、MONTHS_BETWEEN関数を取得する。注意点はMONTH_BETWEENではなく、MONTHS_BETWEENというようにMONTHが複数形であること。また、使用例の3列目の例のように月だけをみると2か月の差ですが、日付をみると、25‐5で20日間、つまり、20÷31=0.64516129月分の差がありますので、09-05-25と09-03-05の月の差は2.64516129ヶ月分の差がある事になります。

文法:

MONTHS_BETWEEN(date1, date2)

date1からdate2を引く形で月の差を求める。

使用例:日付の差を月単位で求める。

SELECT date1, date2, MONTHS_BETWEEN(date1, date2) FROM tbTestTable;

date1     date2      MONTHS_BETWEEN(date1, date2)
———————————————————————————-
09-09-03   09-04-03     5
09-05-25   09-07-25     -2
09-05-25   09-03-05     2.64516129

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】SQRT – 平方根(ルート)を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで数値の平方根を求めるには、SQRT関数を使います。SQRTはSqare Rootの略です。 文法: SQRT(value) valueの平方根を求める。 使用例:数 …

no image

【SQL日付関数】DATEPART – 日付要素を数値で取得する(SQL Server)

SQL Serverでは、DATEPART関数を使って日付値から指定した日付要素を数値で取得する事ができます。 文法: DATEPART(element, value) valueで指定した日付値から …

no image

【SQL算術関数】CEIL / CEILING – 最も小さい整数を返す(Oracle、SQL Server)

引数に指定した値に対して、それ以上で最も小さい整数値を求めるにはOracleの場合はCEIL関数、SQL Serverの場合はCEILING関数を使います。CEILINGは天井という意味があります。引 …

no image

【SQL日付関数】NEXT_DAY – 指定した曜日が次に来る日付を求める (Oracle)

OracleではNEXT_DAY関数を利用して、指定した曜日が次に来る日付を求める事ができます。 文法: NEXT_DAY(date, week) dateから見てweekで指定した曜日が来る次の日付 …

no image

【SQL日付関数】DATEADD – 日付(日時)を加算する(SQL Server)

SQL ServerではDATEADD関数を使って、日付型の値に日時を加算する事ができます。 構文: DATEADD(element, value, target) targetにvalueで指定した …

広告

転職