SQL Master データベースエンジニアとLinuxエンジニアのための情報まとめ

OracleやMS SQL serverの資格対策、SQLコマンド辞典、Linuxコマンド辞典、セキュリティに関する情報

SQL辞典

【SQL文字列関数】STR – 数値を文字列に変換(SQL Server)

投稿日:2009年9月4日 更新日:

SQL Serverで数値を文字列に変換するにはSTR関数を使います。

文法:

STR(n [ , length [ , decimal] ] )

nで与えられた数値を文字列に変換する。lengthで指定した文字列の長さで変換することができる。lengthの指定がない場合、デフォルトで10桁の長さの文字列を返す。decimalの指定で、小数点の桁数を指定できる。

使用例:number列の数値を文字列に変換する。

SELECT number, STR(number) FROM tbTestTable;

number    STR(number)
—————————————–
3              3
10            10
3.14            3

使用例:小数点2桁まで変換する。

SELECT number, STR(number, 10, 2) FROM tbTestTable;

number    STR(number, 10, 2)
——————————————–
3             3.00
10            10.00
3.14           3.14

SQLコマンド辞典に戻る

広告

広告

-SQL辞典


comment

関連記事

no image

【SQL算術関数】MOD – 余剰(余り)を計算する (Oracle)

Oracleでは、MOD関数を使って割り算の余剰を計算することができます。 文法: MOD(n, m) nをmで割った時の余りを求める。 使用例:x/yの余りを求める SELECT x, y, MOD …

no image

【SQL文字列関数】SPACE – スペース文字の作成(SQL Server)

SQL ServerではSPACE関数を使ってスペース文字を返す事ができます。 文法: SPACE(n) 長さn個のスペース文字を作成する。 使用例:姓と名の間に3個のスペース文字を作成する SELE …

no image

【SQL日付関数】MONTHS_BETWEEN – 日付の差を月単位で取得する (Oracle)

Oracleで2つの日付の差を月単位で取得するには、MONTHS_BETWEEN関数を取得する。注意点はMONTH_BETWEENではなく、MONTHS_BETWEENというようにMONTHが複数形で …

no image

【SQL日付関数】DATENAME – 日付要素を文字として取得する(SQL Server)

SQL Serverでは日付値から日付要素を文字列をして取得する為にDATENAME関数を使う事ができます。 文法: DATENAME(element, value) valueに指定した日付値の日付 …

no image

【SQL算術関数】SQRT – 平方根(ルート)を求める(Oracle、SQL Server)

OracleやSQL Serverで数値の平方根を求めるには、SQRT関数を使います。SQRTはSqare Rootの略です。 文法: SQRT(value) valueの平方根を求める。 使用例:数 …

広告

転職